風の街こどもクリニック

:0749-68-2100

インターネットで24時間予約受付

 〒526-0021

 滋賀県長浜市八幡中山町361

 風の街キャンスシティ2内

お車でお越しの際は、

風の街キャンスシティ2内の

駐車場をご利用下さい。

©2016風の街こどもクリニック

定期接種 任意接種 

 予防接種には国が定める定期接種と、任意接種があります。定期接種のワクチンは、国が定める接種スケジュール内であれば公費(無料)で受けられます。任意接種のワクチンは自己負担になります。

 ワクチンには不活化ワクチン(トキソイドを含む)と生ワクチンがあり、不活化ワクチンを接種した場合は次の接種まで1週間、生ワクチンを接種した場合は4週間あける必要があります。同じワクチン同士の接種間隔は接種スケジュールに従います。

不活化ワクチン 生ワクチン

 近年は様々なワクチンが増えて、いっそうワクチン接種のスケジュールが難しくなってきました。まずは生後2ヶ月からのHibワクチン、肺炎球菌ワクチン、B型肝炎ワクチンを受けていただき、当院ではその時に医師が一緒にスケジュールを考えさせていただいています。ご希望がありましたらロタウイルスワクチン(任意接種)もご予約をいただいておきますと、その後のスケジュールがよりスムーズに運びます。

予防接種について

​ワクチンの種類

不活化/生

定期/任意

費用/公費負担があった場合

説明

初回接種時期

​※1回分の費用です(税込)

 

Hibワクチン

不活化

定期

2ヶ月

¥8,000/無料

​肺炎球菌ワクチン

不活化

定期

2ヶ月

¥12,000/無料

​B型肝炎ワクチン

不活化

2ヶ月

¥6,000/無料

定期

​ロタウイルスワクチン(ロタテック®)

​生

​任意

2ヶ月

¥8,000

​四種混合ワクチン

不活化

定期

3ヶ月

¥11,000/無料

​BCG

​生

定期

5ヶ月

¥7,000/無料

​MRワクチン

​生

定期

​1歳

¥10,000/無料

¥7,000/無料

定期

​水痘(みずぼうそう)ワクチン

​生

​1歳

¥5,500

1歳

任意

​生

​ムンプス(おたふくかぜ)ワクチン

¥5,000/無料

​3歳

定期

​不活化

​日本脳炎ワクチン

​11歳

不活化

二種混合ワクチン​

定期

¥5,000/無料

​髄膜炎菌ワクチン

​不活化

任意

11歳

¥19,000

子宮頸がんワクチン​(ガーダシル®)

不活化

定期

中学1年生

¥14,000/無料

A型肝炎ワクチン​

​不活化

任意

​1歳以上

¥6,000

¥12,000

任意

狂犬病ワクチン​(※接種中止中)

不活化

​年齢を問わず

¥3,000

6ヶ月から

任意

​不活化

インフルエンザワクチン​

 初回接種時期は標準的なものです。日本脳炎ワクチン初回の標準接種時期は3歳ですが、生後6ヶ月から公費で接種できます。

 最近では同時接種が主流です。同時接種については、VPDの同時接種の必要性・安全性をご覧ください。

※B型肝炎ワクチンの定期接種対象の方は、2016年4月1日以降に出生された方のみです。

※ロタウイルスワクチンにはロタリックス®という2回接種のタイプもあります。当院では若干でも効果の高いロタテック®を標準としていますが、ロタリックス®は接種直後に嘔吐しても飲みなおせるというメリットがあります。ロタリックスは1回¥12,000です。

​※定期接種のワクチンが自費負担となった場合の負担額は、一部のワクチンは市が設定する料金に合わせておりましたが、改定が多いため、2017年4月6日より独自に費用を設定し、今後一律といたします。変更のあったワクチンは緑字のものになります。

※2018年7月1日よりロタウイルスワクチンの価格を更新しました。変更になったものはピンク字のものなります。

※2019年7月かより、製造過程の不備からヘプタバックス®-Ⅱの流通がほぼ停止しており、B型肝炎ワクチンはヘプタバックス®-Ⅱの供給が安定するまでビームゲン®も使用します。 これらのワクチンの確実な互換性は証明されておらず、原則的には同じワクチンでスケジュールを完了することが望ましいと考えられていますが、厚生労働省の見解(平成28年度予防接種に関する都道府県等担当者会議)では切り替えて使用する場合でも定期接種として認められるとあり、可能な限り同じワクチンでスケジュールを完了できるよう配慮いたしますが、流通状況によっては初回、あるいは2回目接種と異なるワクチンへ途中から切り替わる場合も考えられます。

※従来の皮下注射型の狂犬病ワクチンが製造中止になるため、2019年8月1日より当院での狂犬病ワクチンの接種を一時中止します。狂犬病ワクチンは新しい筋肉注射型のラビピュール®へ切り替わりますが、小児での使用経験が全国的に蓄積され、市場での安全性が確認されてから当院では接種再開の予定としますので、当面のところ、海外渡航等で接種が必要になった場合はトラベルクリニックでのご相談をお願いします。県内には日本渡航医学会員の診療施設はありません。こちらで検索ください。http://jstah.umin.jp/02travelclinics/

​ご予約について

在庫の関係上、ご予約について下記の通りとなります。お電話からはいずれのワクチンもご予約が可能です。

インターネットから予約可能なもの

​Hibワクチン、肺炎球菌ワクチン、B型肝炎ワクチン、ロタウイルスワクチン(ロタテック®)、四種混合ワクチン、MRワクチン、水痘(みずぼうそう)ワクチン、ムンプス(おたふくかぜ)ワクチン、日本脳炎ワクチン、二種混合ワクチン

インターネットから予約不可のもの

​ロタウイルスワクチン(ロタリックス®)、三種混合ワクチン、不活化ポリオワクチン、BCG、髄膜炎菌ワクチン、子宮頸がんワクチン(ガーダシル®)、A型肝炎ワクチン、狂犬病ワクチン、インフルエンザワクチン(※期間指定あり)

​お知らせ

 接種部位の変更についてのお知らせです。特に低年齢のお子さんに接種するワクチンの本数が多いため、B型肝炎ワクチンの定期接種化に合わせて、0歳、1歳のお子さんのワクチン接種を大腿(太もも)に行うように変更してまいります。面積が広く同時接種に適しているということと、皮下が腕にくらべて厚いので腫れにくいというメリットがあります。それでも腫れるお子さんはおられますので、腫れが膝をこえる、太ももの前全体が赤くなるなどありましたら受診をお願いいたします。

​ 本数が少ない場合は、従来通り腕に接種させていただく場合もあります。腕が一番痛みが少ないと言われてきましたが、実際に接種をすると太ももの方が早く泣き止むお子さんが多いように思います。

VPDの太ももへの接種について触れているページ

 平成28年度(平成29年3月17日の接種)で長浜市のBCGの集団接種が終了します。以後は医療機関での個別接種のみになります。​

​ BCGは結核の感染を予防するためのワクチンで、結核の中蔓延国の日本では重要なワクチンです。特に、まだ免疫力が弱い小さなお子さんで発症する結核性髄膜炎について強力な予防効果があります。接種については以下のことに注意し、当院では右の説明書きを接種時にお渡ししています。

・接種部位(左上腕の外側)へのステロイド軟膏の塗布は接種1週間前からお控えください。

​・接種直後の接種部位に直射日光が当たるとBCG菌が死滅して効果が減る可能性があります。当日は少なくとも二の腕が隠れる袖の服で来院ください。

※BCGのご予約はお電話でお受けいたします。

BCGの集団接種が終了します

 

​どうして接種が必要なの?

 予防接種を受けていただく意義について、県医師会からの依頼にて中日新聞の健康コラム「お元気ですか」に寄稿しました。

ご参考くだされば幸いです。