top of page

 当院で迅速検査キットで検出された病原体の件数をご報告します。 更新は一ヶ月毎、あるいは季節毎になります。インフルエンザウイルスについては、10月頃から翌年の4月いっぱい頃までグラフを作成いたします。

病原体検出状況

10

11

12

1

2

3

4

5

1

2

3

4

5

1

2

3

4

5

溶連菌

アデノウイルス

マイコプラズマ

RSウイルス

ノロウイルス

ロタウイルス

アデノウイルス腸炎

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

2

2

3

2

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

2

3

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

1

3

2

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

1

0

7

3

0

0

1

0

0

0

0

0

0

0

1

0

0

0

0

0

0

0

4

0

0

0

0

0

0

2

4

2

1

5

2

4

2

1

0

医師のコメント

(2023年1月2日更新)

 12月いっぱいまで反映済みです。当院は滋賀県が指定する小児科定点医療機関として、県に感染症の発生動向を報告する業務をしています。新型コロナウイルスとインフルエンザを同時に検査できるキットを積極的に使用していますが、このコメントを書いている時点では、2022-2023シーズンに当院ではインフルエンザの検出はありません。

​インフルエンザ検出状況

インフルエンザ検出状況

  ※過去2シーズンは検出ほぼなく、統計を掲載しておりません。

 当院でのインフルエンザ検出状況をご報告します。統計は迅速検査での検出数のみを反映しており、検査をせずに周辺の流行状況や症状のみで診断した臨床診断は含みません。第4週(1月23日~1月29日)まで反映済み。

2022-2023シーズン

2019-2020シーズン

インフルエンザ検出状況2019-2020-13週.png

 本シーズンの流行はほぼA型のみで、B型はあまり見られないというパターンでした。

bottom of page